記事リスト

近視の人も掛かります

目元

定期的に確認しよう

普段から近視の眼鏡を掛けている人は老眼にならないと間違った認識をしている人がいます。遠視や正視の人は、50代に近くなると近くのものを見るときにピントが合わなくなったり、老眼鏡を使用しないと見えない自覚症状がはっきり出てきます。その反面、近視の人は同世代と比較しても手元の見え方の悩みが少なく、老眼になりにくい体質と誤解されてしまいます。近視の人は老眼の症状が出ているかチェックするためには、眼鏡を掛けたままどのくらい手元の書面を近づけて見ることができるか確認してみましょう。以前は20センチほどまで近づいて読むことのできた書面が40センチ以上離さないとピントが合わない場合には老眼の兆候が現れています。近視は度数を強くするほど遠くのピントが合わせやすくなります。その反面、近くのものを見るときには、毛様体を動かして水晶体の形状を変化させて、近くにピントを合わせる作業に付加が掛かります。 この毛様体がどれくらい固くなって動きが悪くなるかチェックすることで、手元の書面を近づけられない症状を確認することができます。このチェックにより手元が見えにくいと感じた人は、遠近両用などのレンズへ変更することで負担が軽減します。遠近両用はレンズの上部に遠用が入っています。下方にいくほど近視の度数が少なく設定して、毛様体の負担を軽減できる仕組みになっています。そのため、以前掛けていた弱めの近視度数の眼鏡を掛けると遠くが見えない分、近くが見やすい状態になっているはずです。定期的に自分の眼をチェックして負担の掛からない見え方を維持させましょう。

Copyright© 2018 自分に合った老眼鏡を使用しよう【無理なく視力を調整できる】 All Rights Reserved.