記事リスト

予防のためにできること

考える人

目を酷使しない生活をする

早い人では40歳くらいから、近くの小さな文字が見えにくくなるという症状が出てくる人がいます。それは老眼の始まりかもしれません。老眼は、簡単に言うと筋肉の衰えにより、ピントを合わせることができなくなることから起こるものです。そんな老眼を自分でチェックすることで、進行を遅くしたり、症状の予防に役立てることができます。自己チェックとしては、「肩こりがひどい(肩こりが原因と思われる頭痛がある)」「小説などを読んでいるとひどく目が疲れる」「新聞などの小さな文字が見えにくい時がある」「遠くから近くへ視線を移したときにピントを合わせるのに時間がかかるようになった」などがあげられます。これらのチェックリストに1つでも該当するようであれば、老眼の症状が始まっている可能性が非常に高いです。また、「老眼チェック」で検索すると、多くのサイト・アプリがヒットします。それらで自己チェックしてみるのも良いでしょう。こうした自己チェックで老眼の恐れがあるようでしたら、一度は眼科に行くことをお勧めします。ひょっとしたら老眼ではない別の病気の可能性もありますので、きちんと診断してもらう方が安心です。さて、老眼が始まっているようでしたら、目を酷使しない生活を心がける必要があります。パソコンやスマホの使用頻度を見直したり、遠くの景色を見る回数を増やしたりしたいものです。また、目に良い栄養素(ビタミンB群やタウリンなど)などもありますので、これらも意識的に摂取するのも効果的です。

Copyright© 2018 自分に合った老眼鏡を使用しよう【無理なく視力を調整できる】 All Rights Reserved.